▲目次に戻る


cwillロゴ

C-Willダイバーコース基準

中級者コース(2スターダイバー)
■定義
オープンウォーターでの経験を積んだ2スターダイバーです。
講習終了後は、2スターダイバー以上の資格を持つダイバーと共に、中級者向けの安全な水域に潜水できますが、経験のない新しい環境(ダイビングポイント)では、ガイドダイバー等と共にダイビングを行うことが、強く推奨されます。

■コースの目的
経験のない新しい環境(ダイビングポイント)に潜水するために、最低限度必要と思われる知識と技術を習得させるためのコースです。

■受講条件
  1. C-Willの1スターオープンウォーターダイバー認定者で、スクーバでの潜水経験が5回以上あること。
  2. 他の潜水教育機関において同等の認定を受けていること。
  3. 潜水経験を、C-Willスペシャルティコースの中で積むこと強く推奨される。
  4. 健康状態と身体適正に異常がないこと。
  5. 満15歳以上であること。但し未成年の場合は講習を始める以前に各書類への保護者の署名が必要となる。

■コース概略
  1. オリエンテーション 30分以上
  2. レクチャー(自習可) 60分以上
  3. オープンウォータートレーニング 15回以上


■コース開催条件
  1. 波や潮流などの少ないオープンウオーターに限定する。潜水深度は、−18m以浅に限定する。(但しディープダイビングは除く)


■トレーニングプログラム及び合格基準
下記項目に関して検定されます。 全ての項目が確実にできなければなりません。但し、スペシャルティコース等他のコースの中で、既に合格している項目に関しては、その項目を省略できる。
知識の合格基準 (C-Willの標準問題、又は、それに準拠する問題で75%の正解)
  1. 潜水に関連した障害を理解していること。
  2. レスキューに関する基礎知識があること。
  3. 空気消費量の計算が行えること。
  4. 窒素の吸収の仕方について基礎知識があること。
  5. ディープダイビングに関する問題を理解していること。



■実技の合格基準 (C-Willの標準問題、又は、それに準拠する問題で75%の正解)
  1. 3点セットを用いて、800m水面移動ができること。
  2. フル装備で、シュノーケルにより500m水面移動ができること。
  3. フル装備で、シュノーケル・レギュレータを使用せずに、横泳ぎ、又は、背泳ぎで100m水面移動ができること。
  4. 水深9mより、オクトパス又は、バディブリージングにより、空気切れのダイバーを水面まで安全にサポートできること。
  5. 緊急時に備えて、減圧停止のシミュレーションが行えること。
  6. 非常事態を想定したBCによる浮上法(浮上スピードのコントロール)が行えること。
■コース開催及び認定可能インストラクター
 C−WILLのアクティブスティタスを持つ2スターインストラクター以上の全てのインストラクター。

■インストラクター:受講生の人数比
  1. 学科レクチャー(自習可能)
    人数比は定めないが、インストラクターがコントロールできる人数であること。

  2. オープンウォータートレーニング
     インストラクター1名:受講生 4名
     インストラクター1名 + アシスタント1名:受講生 5名
     インストラクター1名 + 正規アシスタント1名:受講生 6名


■留意事項
  1. アシスタント及び正規アシスタントを2名以上用いても人数比を増やすことはできない。
  2. アシスタントとは、2スターインストラクター以上のインストラクターより使命を受けたダイブマスターである。
  3. 正規アシスタントとは、C-Willのアクティブスティタスを持つ4スターダイバー(ダイブマスター)のことをいう。
  4. 海況の悪い時(海が荒れている時、水中の視界が悪い時、低水温の時等)は、受講生との人数比を減らす事が必要となる。
  5. できるかぎり安全要員として、セーフテイダイバー(4スターダイバー以上)用いることが望ましい。

■トレーニングダイブの条件
  1. オープンウォータートレーニング
    最大水深は、−18mを超えてはならない。(但しディープダイビングは除く)
  2. 水面に、垂直に浮上できる水域であること。
  3. 全てのトレーニングダイブは、日の出から日没までに行う。(但しナイトダイビングは除く)
■認定条件
 オープンウォータートレーニングとして15回以上、インストラクターの管理下で経験終了する(通算で20回以上のダイビング経験がありログブックに記録されていること)。4項目以上のスペシャルティコースの受講が強く推奨される。

■認定後の活動
  1. トレーニングを受けた同等以上の穏やかな海況の海域で最大水深−18mまでを活動範囲とする(但しディープダイビングは除く)。
  2. 全てのダイブは、日の出から日没までに行う(但しナイトダイビングは除く)。
  3. 水面に垂直に浮上できる水域であること。
  4. 推奨事項として、4スターダイバー以上の資格をもつダイバーの管理下で楽しむことが望ましい。

■推奨されるステップアップコース
 ・3スターダイバーコース
 ・ファーストエイドダイバー
 ・レスキューダイバー
 ・各種のスペシャルティコース