オクチレモンの仕組みやからくりが怪しい嘘?茶色なぜ?口コミから効果を徹底調査

当ページのリンクには広告(PR)が含まれています。

ゴッソリお口の中の汚れや磨き残しを洗い流すマウスウォッシュ「オクチレモン」。

すっきりフレーバーのレモン味でスッキリ。低刺激でいつでもどこも使いきりと口臭に悩んでいる方に人気アイテム。

オクチレモンの茶色の汚れが見える仕組みは成分にからくりがあります。

ですがオクチレモンはどんな仕組みやからくりで汚れがでているのか気になっている方も多いようです。

そんなオクチレモンですが口コミを見てみると、「嘘」「効果なし」や「歯が溶ける」と気になる評判もあるようです。

この記事ではオクチレモンの効果の成分から仕組みやからくりで汚れが出るのか調査しました。

テクセルジャパン
¥242 (2024/02/19 17:34時点 | Amazon調べ)

この記事は消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に作成しました

目次

オクチレモンのからくりや仕組みの特徴

テクセルジャパン オクチレモン11ml×5本入り

オクチレモンはカラメル色の色をした口内洗浄液で、お口にふくんでクチュクチュと20秒ゆすぐだけで歯磨きだけでは取り切れてない汚れが見えるマウスウォッシュ。

どんなからくりや仕組みで汚れが視覚的できるのか調べてみました。

オクチレモンのからくり

オクチレモンで汚れがでるからくりは、成分に配合されているチャ葉エキスに含まれるカテキン。カテキンが汚れとなるたんぱく質と結合し固めて出す!これがオクチレモンの汚れのからくり。

オクチレモンはもともと茶色の液体で、汚れを凝固できるマウスウォッシュ。

オクチレモンの仕組みは汚れを視覚化する成分が入っている

オクチレモンの仕組み

オクチレモンは磨き残しや口臭の原因となるたんぱく質汚れを固めて流しプロポリスが抗菌。キレイが続きます。

オクチレモンのからくりは以下のような仕組みを取り入れたマウスウォッシュのようです。

このオクチレモン。ゆすぐだけで褐色の汚れがでてきて見えるのは、もともと液体が茶色であることやたんぱく質を凝固させるある成分が汚れを視覚化する仕組み

オクチレモンが茶色い理由とは?

オクチレモンが茶色い理由は以下のようになっているためです。

オクチレモンの原液が茶色なのはカラメルが含まれているため

なおオクチレモンの成分にカラメルが含まれています。

このためオクチレモン元々茶色のマウスウォッシュなので、口をすすいだ後に汚れで変色したものではないということ。

すすいだ後に茶色のカスの用なものが口臭などの原因と考えられる汚れのようです。

オクチレモンの茶色の汚れカス何?

茶色の汚れカスは?

口臭の原因となる汚れ=たんぱく質を固めて出せる

クチュクチュして吐き出すと茶色カスの塊。これは口臭の要因と考えらえている一つ「タンパク質」。

オクチレモンは残った汚れを固めて流す口内洗浄液。

後味はレモンが香りスッキリしていますし、低刺激でピリピリしないのでマウスウォッシュの入門的な商品と言ってもいいですよね。

ここではオクチレモンのからくりを成分から効果をチェックしてみました。

オクチレモンは嘘?効果や効能を実際に使ってみた

オクチレモンの効果効能は以下の通りです。

  • 水:溶媒として使用されます。
  • グリセリン:保湿剤として使用され、口内の乾燥を防ぎます。
  • アラントイン:保湿剤として使用され、口内の炎症を鎮める効果があります。
  • 酢酸:防腐剤として使用され、製品の品質を保ちます。
  • キシリトール:甘味料として使用され、虫歯予防に役立ちます。
  • 酢酸Na安息香酸Na:防腐剤として使用され、製品の品質を保ちます。
  • チャ葉エキス:抗酸化作用があり、口内の炎症を抑える効果があります。
  • リンゴ酸:口内の汚れを取り除く効果があります。
  • メントール:清涼感があり、口内を爽やかにします。
  • 香料:口臭を防ぐための香りを付けます。
  • プロポリスエキス:抗菌作用があり、口内の細菌の繁殖を防ぎます。
  • キトサン:口内の汚れを取り除く効果があります。
  • サッカリンNa:甘味料として使用されます。
  • レモン果皮油:口臭を防ぐための香りを付けます。
  • カラメル:色素として使用され、製品の色を付けます。

以上がオクチレモンの主要成分と役割です。

舌苔や磨き残し歯垢や口腔内の汚れとなるタンパク質を凝固させて流しキレイにできるオクチレモンですが、オクチレモンは医薬部外品ではありません。

効果効能が認められている医薬部外品扱いのマウスウォッシュは市販されていますが、オクチレモンは医薬部外品ではなたいめ効果はとても限定的といえます。

そのためオクチレモンの効果で、匂いの元の細菌を殺菌したり歯を白くするような効能は期待できないと考えます。

オクチレモンは口臭の元となるタンパク質汚れを取り除くことで爽やかな息を実現しているようです。

なぜたんぱく質を取り除くことが必要かというと、口臭の原因となる汚れ=たんぱく質。

たんぱく質を凝固させる作用のからくりは成分の茶エキスの作用によるものでチャ葉エキスのたんぱく質を凝固作用をマウスウォッシュに応用しているということ。

「からくり」の効果的な使い方を徹底解説!オクチレモンの活用術

オクチレモンは口内洗浄液なので、気になった時に口にふくみ20秒後吐き出すだけです。

オクチレモンを使って口内の汚れがどれ程かが分かるか実験★オクチレモン【ドランクドラゴンのバカ売れ研究所 番組公式】

引用:オクチレモンを使って口内の汚れがどれ程かが分かるか実験★オクチレモン【ドランクドラゴンのバカ売れ研究所 番組公式】

オクチレモンの使いどころは?戦略的な活用法を紹介

口内洗浄液は、お口の中の細菌を洗い流すことができます。

とくに効果的と考えられるのが、

  • 歯みがき後
  • 食事のあと

食事後30分後の利用がおすすめです。なぜならば、歯磨きだけでは歯ブラシの施工除去率は約40%ほどしか汚れを取り除けないと言われています。

食事後が一番効果的なタイミング!頻度はユーザーにより異なると思われますが口臭が気になった時など臨機応変に利用できます。

お手洗いなどでも手軽に利用できるので利便性の高い魅力があります。

就寝中が一番細菌が増えやすいといわれていますが、オクチレモンは殺菌効果がありません。また寝ている間は唾液がでにくいためpHが中性に戻りにくいため「寝る前の酸性の飲食」は注意も必要とのこと。

オクチレモンで歯が溶ける?副作用や注意点を調べてみた

オクチレモンは歯が溶ける副作用があるのか気になりますよね。

オクチレモンは化粧品扱いの部類に入る洗口液のため歯が溶けるような成分は入っていません。とはいえすっぱいと感じる人も多いようなので酸蝕症というもので可能性はゼロはではないようです。

とはいえオクチレモンは医薬部外品や薬用とうたわれるマウスウォッシュではないため、具体的に殺菌などできません。

マウスウォッシュは自信の悩みに合わせて選ぶもののため、口臭や虫歯、歯周病など悩みに合わせて薬用効果があるものを選択するのがおすすめです。

オクチレモンは市販でも手に入りやすいので爽快感やリフレッシュしたいときはお試ししてみてはいかがでしょうか。

詳しく調査した「オクチレモンは歯が溶ける」のかはこちらで紹介しています。

オクチレモンの商品情報

商品名オクチLM
お口シリーズオクチチェリー
オクチミント
容量1本あたり11ml
生産国韓国
販売会社株式会社テクセルジャパン
〒187-0035 東京都小平市小川西町3-19-16

※ビタットジャパンからテクセルジャパンへ社名が変更となっています。

オクチレモンは簡単にケアできるが悩みを解決するなら医薬部外品がおすすめ

オクチレモンは口のべたつきやネバネバと違和感があるなら簡単にケアができる携帯用マウスウォッシュで人気となっていることがわかりました。

しかし汚れを吐き出し視覚化しますが、医薬部外品ではありません。

また酢酸など酸が多く含むマウスウォッシュとなっており、最初から茶色の液体のため汚れが取り除けているか未知数なようです。

効果効能が認められている医薬部外品のマウスウォッシュはお口の悩みを解決するのに一番早い方法のためおすすめです。

医薬部外品のマウスウォッシュを紹介していますよ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次