アパデントとアパガード違いは?

  • URLをコピーしました!

アパデントとアパガード。

アパデントはNASA特許の宇宙技術を採用した歯磨き剤として誕生した秘話が公開されています。

アパガードは「芸能人は歯がいのち」というCMがいまだに印象的な歯磨き粉で自宅で歯のケアをできるホワイトニング歯磨き粉の先駆け。

ぶっちゃけ、名前しか違わんの?

それに「買ってはいけない歯磨き粉の商品名」にあがるので気になります。

この記事ではアパデントとアパガードの違いを調べて比較したので購入の参考にしてみてください。

目次

アパデントとアパガード比較

アパデントとアパガードどちらも販売元が同じ歯磨き粉で、主要成分としてハイドロキシアパタイトが配合されています。

アパデントとアパガードを比較

 アパデントアパガード
価格1320円税込913円税込
内容量60g50g※プレミオ
用途 虫歯、口臭、歯周病 ホワイトニング
主要成分薬用ハイドロキシアパタイト(mHAP) ハイドロキシパタイト、パール成分
ラインナップトータルケア、センシティブMプラス、スモーキン、プレミオ、ロイヤル

値段はザンギ公式サイトより

NASAの技術を応用したハイドロキシアパタイトという虫歯予防成分を配合した歯磨き粉を始めて採用したのが「アパデント」。

なんと15年以上にもわたる臨地試験を繰り返し薬用ハイドロキシアパタイトとして認可受けた成分が配合されていました。

このハイドロキシアパタイトは3つの働きがあり、

  1. 歯の傷を充填
  2. 再石灰化
  3. 歯垢を吸着し除去

このような働きで虫歯の予防が出来るそうです。

アパガードは歯の傷を充填する特性をより高配合した白い歯にケアを目的とした歯の美白ケアのできる歯磨き粉といってもよさそうですね。

アパデント

アパデントはザンギがはじめてハイドロキシアパタイトを処方した、トータルケアを目的とした歯磨き粉

虫歯や歯周病、口臭を目的とした「トータルケア」

歯がしみる、知覚過敏を防ぐことを目的とした「センシティブ」

お口全体の健康を守るのがアパデントといっていいですね。

.

アパガード

アパガードはハイドロキシアパタイトの特徴をより生かしながら、歯の黄ばみケアを目的とした歯磨き粉。

アパガードはスタンダードなMプラスからステインケアに特化したスモーキン、(mHAP)を1.4倍処方されたプレミアムタイプ、そして(mHAP)を2倍と高配合のロイヤルと展開されています。

  • アパガードMプラス
  • アパガードプレミオ
  • アパガードプレミオ エクストラミント
  • アパガードスモーキン
  • アパガードリナメル
  • アパガードロイヤル
アパガードMプラスアパガードのスタンダードモデル
アパガードMスモーキン 
アパガードプレミオハイドロキシアパタイトの処方量が1.4倍。パール成分を新配合したプレミアムタイプ
アパガードプレミオエクストラミントエクストラミントでより口臭ケアができるスッキリタイププレミアムタイプ
アパガードステインケアタバコのヤニやコーヒー、ワインの着色汚れのケアに特化
アパガードディープケア歯みがき後にさらにケアをしたい人におすすめのデンタルローションで個別包装。

このように歯の黄ばみやや歯の美白ケアに特化しています。

「プレミオ」プレミアムタイプがラインナップにあることがわかりました。

ハイドロキシアパタイトがアパデントよりも処方量が多くなっているのが特徴ともいえそうです。

リナメルとロイヤルの違い

現在コンテンツ作成中です

アパデントとアパガードの大きな違い

アパデントとアパガードの大きな違いは歯の着色(ステイン)ケアではないでしょうか。

アパデントはお口全体を予防する成分が処方されています。

アパガードは黄ばみをより綺麗に取り除けるための成分が加えられています。

しかしどちらもメイン処方は薬用ハイドロキシアパタイトを採用しているので基本的な効果にそれぞれプラスαの効果があると理解したほうがいいかもしれません。

アパデントがおすすめな人

アパデントがオススメなのは、歯周病や歯肉炎や口臭ケアをしたい方です。

お口のトラブルをケアする3種のフラボノイド

  1. チャ乾留液
  2. セージエキス
  3. カモミラエキス

口臭予防成分を配合していました。

つまりアパガードよりも口臭ケア目的なアパデントといってもいいかもしれませんね。

アパデントで黄ばみケアができないのか?

アパデントでも黄ばみのケアはできます。

ステインケアに薬用ハイドロキシアパタイトとマクロゴール400を処方しています。

アパガードよりも処方量が少ないと理解すればOKだと思います。

アパガードがおすすな人

アパガードがオススメな人は、歯の黄ばみや着色ケアに力を入れたい人や歯科医の施術後のホワイトニングのケアをしたい人です。

アパガードはアパデントよりも薬用ハイドロキシアパタイトが1.4倍と高い処方量。

つまりアパガードは40%処方が多いわけですね。

歯の表面を修復する機能があるハイドロキシアパタイトなので、歯がツルツルに光沢のあるツヤに期待できます。

アパガード史上で最大となるツヤ(歯面光沢度)が18%もアップしたというので期待も高まります。

ただし黄ばみケアに特化しているアパガードのため、アパデントのように口臭ケアなどは苦手かもしれません。

APAGARD(アパガード)
¥1,359 (2022/05/18 17:31時点 | Amazon調べ)
APAGARD(アパガード)
¥3,300 (2022/03/17 23:21時点 | Amazon調べ)

アパデントとアパガードはまとめ

アパデント、アパガードの違いを調べてみました。

どちらがいいのかすごく悩むところではありますね。

口臭や歯周病、虫歯のケアが気になる欲張りさんなら「アパデント」

知覚過敏気味・・・というあなたには「アパデント センシティブ」

歯の艶や黄ばみ、着色ケアなら「アパガード」

と覚えておくといいと思います!

どちらもザンギさんが取得している薬用ハイドロキシアパタイトが配合です。

歯の黄ばみケアは継続的に磨く努力が必要で即効性がないのでデメリットです。

身近な毎日のケアで一番効果が感じられるのが歯の黄ばみステインケア。

口臭や歯の着色もケアが難しい・・・。

でも、「アパデント」と「アパガード」なら口臭や着色のケアが簡単に始められました。

通販は比較的安価に体験できましたし、ドラッグストアや薬局でも取り扱のある店舗もあるのでお悩みに合わせて試してみてください。

トータルケアにプラスαしたいあなたに。SNSなどでも反響が多くある商品も合わせて読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる