MENU

アパガードプレミオ買ってはいけない?効果を口コミとレビューから徹底検証

アパガードプレミオ買ってはいけないのか効果を口コミや実際に使った人のレビューから徹底検証しました。

アパガードプレミオは歯を白くする、むし歯の発生及び進行の予防、歯肉炎の予防、歯槽膿漏の予防、口中を浄化、口中を爽快にする、口臭の防止、タバコのヤニ除去などの働きを持つ医薬部外品。

具体的には歯垢を吸着除去し、エナメル質から溶け出した歯の主成分を補給し、歯のミネラル欠損部を修復・再石灰化。きれいに滑らかに丈夫に保ち、むし歯を予防するなどの効能が期待されます。

なお、アパガードプレミオはフッ素未使用で薬用はイドロキシアパタイト(mHAP)独自成分により白く健康な歯へ導く美白歯磨き粉です。

自然な白さに導く美白歯磨きですが、評判よりも白くならないのことで買ってはいけないと言われているようです。

実際アパガードプレミオが買ってはいけないのか詳しく紹介します。

APAGARD(アパガード)
¥1,350 (2022/12/03 06:28時点 | Amazon調べ)
目次

アパガードプレミオ買ってはいけないのなぜ?

アパガードプレミオ買ってはいけないと言われているのは成分の研磨剤で歯が削れてしまうのでは!というのが理由のようです。

ヤフー知恵袋を見るとなぜなのか理由が分かってきました。

アパガードプレミオに配合されている成分を調べてみると、

  • 歯科用リン酸水素カルシウム
  • 無水ケイ酸

という研磨剤が入っており磨き方次第で歯が傷ついてしまう可能性が買ってはいけないと言われているようです。

研磨剤はステインなどの歯の表面の汚れを落とすもので、「歯を削ってしまうのでは?」というイメージがあるので清掃剤ともいわれています。

アパガードプレミオはフッ素が入ってない

引用:サンギアパガード公式サイト

アパガードプレミオはフッ素が入っていません。

なんとアパガードの全シリーズはフッ素ではなく、薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>という成分が入っています。

薬用ハイドロキシアパタイトとは?

薬用ハイドロキシアパタイト(mHAP)は販売元のサンギが研究開発の末に虫歯予防ができる独自薬用成分です。

サンギ公式サイトではエナメル質から溶け出したミネラルを補給し再石灰しますと紹介されています。

  1. 歯石を吸着
  2. ミクロの傷を充填
  3. 初期虫歯を再石灰化(エナメル質表層下脱灰部)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次